キャンプマナビス2021夏に訪れた話

Camp

こんにちは。

今回お邪魔したキャンプ場は千葉県館山市にあるキャンプマナビス。
ここは嫁さんのたっての希望で予約を入れたキャンプ場です。

ママ
ママ

前回行った和島オートキャンプ場がとってもよかったので、また海の近くのキャンプ場に行ってみたかったのです。

パパ
パパ

子供が遊べるキッズプレイランドもあるし、センターハウス(管理棟)で温泉の露天風呂にも入れるみたいだし楽しみだね。

キャンプマナビスは管理棟のある森サイトと少し離れたところにある海側の海サイトに分かれているのですが、今回予約したのは海サイト。

テントサイトのチェックインは13時からなのでそれまでには到着できるようにしたかったのですが・・・やはり小さな子供がいると予定通り行かないもので結局遅れて到着は15時頃になってしまいました。

早速受付でチェックイン。あてがわれたサイトは海側1番サイト。

ちなみに受付では夕食用の海鮮と翌朝のクロワッサンの注文を受け付けていました。
クロワッサンは17時までに申し込むと翌朝焼き立てがいただけるそうです。
今回は夕食、朝食共に用意をしてきていたのでパスしましたが、クロワッサンは頼んでみてもよかったかな。
あと売店にはカップラーメンやドリンク、調味料なども豊富に扱っているので少し小腹が空いても大丈夫。
21時まで営業しているのも助かります。

さて、とりあえずチェックインしたので再び車に乗って海サイトに向かいます。
大体車で数分、歩きだと大人の足で10分くらいでしょうか。

海側1番サイト

ここが1番サイト。海との間が微妙に丘になっていて海がほとんど見えない!マジか!
しかも入口の角なので管理棟(露天風呂)へ行く人や砂浜へ行く人の往来が激しい(笑

パパ
パパ
 

でも炊事場とトイレが近いので良しとしよう。

サイトの指定はできませんが海サイトの5、6、7番辺りは晴れていれば絶景を見ながら焚き火などを楽しめそう。
いっそ海など見えなくても良いと言うのなら14番は他のサイトから隔離されているのでプライベート感ありです。

ケシュアポップアップテント

今回は若干雨が降る予報だったので設営撤収の簡単なケシュアのポップアップテント 2SECONDS FRESH&BLACK XLとヘキサタープUVカットFRESH XLの組み合わせです。浜風が強ければタープは諦めるつもりでしたが、二日間とも終始穏やかだったので助かりました。

管理棟と遊具

設営がひと段落したので森サイトの偵察と子供たちを遊具で遊ばせるために管理棟へ。
キッズプレイランドにはトランポリン2基と複合遊具1台、他にも雲梯など。真夏は小さなプールも楽しめる様です。
ちなみに管理棟の3階(上の写真の出っ張った部分)が露天風呂です。

露天風呂に関して、通常であれば一度料金を支払えば何度でも入浴し放題らしいのですが、現在はコロナ禍の影響で当日一回、翌朝一回の制限がかかってました。ただ、もし制限がかかってなくても海サイトの場合、そんなに何度も入浴しに来るかと言うと微妙でしょうね。もしアナタが温泉最高!何度でも入りたい!と言うのであれば迷わず森サイトにしましょう。

遊具

長男はトランポリンと木製遊具の登り降りが気に入った様で、汗だくになりながら延々と遊んでいました。

遊具

次男はトランポリンは怖かったようで早々に撤退。お店屋さんごっこに夢中になってました。帰る頃になっても一人イヤイヤでその場から離れず大変でしたが(笑

ビールで乾杯

パパママは遊具で遊ぶ子供たちをテラスから見守りながら生ビールで乾杯🍻
生ビールが飲めるキャンプ場ってそれだけで気分が上がりますよね。
ついでに露天風呂に入っていこうかとも思いましたが順番待ちが多かったので、夕食後に出直す事にしました。

管理棟から海を望む

テラスからの眺めはこんな感じでログハウス越しに海が見えます。
テラスで温泉露天風呂の順番待ちをしている人も多かったですね。

さて、そろそろ日が翳ってきたのでテントへ戻って夕飯の準備をしましょう。

海サイト入口

国道410号を5分程歩くと海サイトへ繋がる脇道があります。
更にここから5分程歩くと海サイトです。

布良海岸

夕飯前に長男が海に行きたいと言うので少しだけ。

この布良海岸は離岸流が発生しやすく岸から離れると急に深くなっているとの事で遊泳禁止になっています。ただ磯遊びを楽しむ程度は問題無さそうです。

海サイトと夕日

海サイトはちょうど西側を向いているので天気さえ良ければ夕日が綺麗です。
撮影テクニックの問題で綺麗に撮れていませんがちょっと感動するほど素敵な夕日でした。

海鮮丼

今回の夕飯は手を掛けずに出来合いもしくは焼き物だけにしました。
メインディッシュはスーパーおどや大神宮店にて購入した海鮮丼。
とっても美味しゅうございました。

ほっけ

同じくおどやで購入したホッケも肉厚でめちゃ美味。
キャンプ補正がかかっているとはいえ、やはり海が見えるキャンプ場での海産物は格別です。
さて、夕食に舌鼓を打っていると、サイト内にふと人の気配。
誰かと思ったらスタッフさんがサイトごとに声掛けしておりました。
クワイエットタイムの説明でしたが、しっかり見回りしてくれていると思うと安心感に繋がりますね。ポイント高いです。

露天風呂

そんなこんなしている間に露天風呂の受付終了時間の20時30分が迫ってきたので「そろそろ風呂行くかぁ」と声をかけてみたが、いつの間にやら子供たちは寝てしまい、嫁さんもアルコールが入って再び管理棟まで歩くのが億劫になってしまった様なので、一人夜道をダッシュして管理棟へ。時間が遅かった為か先客はパパとお子さん二人の家族1グループのみ。

湯温はぬるめなのでゆっくり浸かる事ができ、泉質は柔らかく肌に優しいお湯でした。

夜の海サイト

海サイトまでの帰り道に吹く海風が、露天風呂で温まった身体に心地良かったです。
テントに戻ってそのまま就寝。
クワイエットタイムは22時〜7時まで。
今回は皆さんとてもマナーの良い方々だったので、騒がしい事もなく熟睡するできました。

温度計

・・・・と言いたいところなのですが・・・
5時手前頃から沖合を航行する船のエンジン音が煩くて目が覚めてしまいました。
最初はヘリコプターがホバリングでもしているのかと思うほどの音だったのでビックリ。

パパ
パパ

嫁さんと子供は気にせず寝ていたので私が気にし過ぎかもしれませんが。

海サイト

朝方少し小雨がぱらついて気温もそこまで上がらなかったので、前日の磯遊びで濡れた子供たちの服は乾きませんでした。
ただ天気予報に反してそこまで本格的な雨にならずに良かったです。

朝食

朝食は和食(鯵の干物、茶碗蒸し、玉子焼き)です。
ご飯を味付け海苔に包んでパクッ!

朝食

次男も器用におにぎり作ってパクッ!

子供たちがご飯に夢中になっている間に小物からコソコソと撤収を開始!
まだまだ手際が悪く撤収も時間がかかってしまいます。

布良海岸

撤収完了した後に少し時間があったので、もう一度布良海岸まで。
端の方に岩場があり、小さな入江の様になっていて波の勢いが吸収されるので、そこで遊ばせました。

ママ
ママ

膝までだよ〜もう着替え無いからね〜

布良海岸

まぁ子供が言うことを素直に聞くはずもなく。
結局びしょびしょになっちゃうんですけどね。
着替えがないって言ってるのに君たちときたら・・・

帰り道

と言うわけで千葉県館山市にある高規格キャンプ場「キャンプナマビス」での宿泊記でした。

キャンプマナビス海サイトの感想
おすすめポイント
・施設がまだ新しい。
・浜辺が近く遊びに行きやすい。
・サイトが広め(駐車スペース込みで平均130㎡)
・トイレ、シャワー、炊事場が綺麗。電子レンジあり。
・夕日が綺麗(天候による)

いまいちポイント
・センターハウス(管理棟)から離れている=温泉露天風呂、キッズプレイランドまで遠い。
・船のエンジン音が割とうるさい(個人差あり?)

次回は是非森サイトに宿泊してみたいですね!

【公式】キャンプマナビス|千葉県館山市の森と海のキャンプ場
雄大な自然に抱かれた南房総。安房自然村内に位置する、7,000坪超の広大な敷地。森と海を同時に楽しめるキャンプ場です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました